スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃げ恥

2014.11.13.Thu.16:30
久しぶりに漫画の話を。
海野つなみさんの「逃げるは恥だが役に立つ」です。
海野つなみさんの漫画で初めて読んだのは多分「回転銀河」です。回転銀河はオムニバス形式で確かだいたい高校生が主人公です。
その頃からさらっとした綺麗な少女漫画っぽい絵で(以前はひうらさとるさんの絵っぽいなあと思っていた)一見あっさりしていそうなのに地味に刺さってくると言うか、ひと癖あるというか、めんどくさいというか、とにかく気になっていたし面白かったです。二次元!って感じの絵なのに、妙に生々しさがあるんですよね…
最新作の逃げ恥は主人公が社会人、そして結婚が一つのテーマになっていて年齢は違うものの回転銀河より入り込みやすく感じます。

この後展開に多少触れるので未読の方はご注意下さい。




主人公のみくりちゃんは学歴もあって仕事もできるのに不運なことに職を失ってしまいます。
そんなとき、たまたま家政婦として一人の独身男性の家に行くことになり、それをきっかけになんとその男性と契約結婚(入籍はしていない)することに。
同居し、家のことをする代わりに給料をもらう。同居することによって家賃・光熱費・食費などが安く上がる。
しかしこれを結婚という形をとらずにやれば妙齢の男女のそういう関係に家族や周りが納得しない…
なので周りには本当の結婚だと思わせるのですが…
一部の人にバレてしまったりしながら面白く話が進んでいます。

今回ブライスは一応みくりちゃんのつもりで撮りました。
みくりちゃんのファッションは大人きれいめカジュアルというか、すごくきっちりしてるわけでもないしコンサバでも無いと思うんですが、かと言ってくだけすぎない女性らしいかっこうが好きなようです。

家では家事をしやすそうな格好に着替えているような感じ。
服装だけに着目したことがなかったので改めて見返すと楽しかったです。
で、お人形の服をがさごそしたんですが、これがなっかなかみくりちゃんぽい服が見つからなくて、何を着せても「みくりちゃんに見えない…」という結果に。
最後は「なんか違うけどこれはみくりちゃん!」と自分に思い込ませながら撮りました。。



お買い物…
IMG_0892.jpg

本当にこういう契約結婚をしようと思ったら、まず互いにかなり好意をもっていないと難しそうだし、でも好意を持っているとあっという間に既成事実ができてしまって恋愛になってすぐ本当の結婚に移行してチャンチャン、となって短命な気がするし、そもそも親まで騙しているのってどうかなあ…と思うし、漫画だから成立する話だよなあ、とは思います。
けれど改めて仕事について、家事について、結婚について、恋愛について、今まで思いつきもしなかった視点から考えさせられて、物事が見えやすくなる気がします。私はぐうたら主婦ですが、例えばこれが給料制だったらもっときっちりやれたりするんだろうか…とか考えたりしました。どうかなあ、でも憩いの場が職場ってきつそうだよなあ。
このマンガがすごい!でも選ばれてるし、いつかドラマ化しそう。

IMG_0897.jpg

家事中にエプロン付けないのがリアルだなあと思ったり。
私この間幼稚園のバザーで久し振りにエプロン着用しました。
みくりちゃんは初めてのお手伝いのときだけエプロンしてて、それ以降は付けてないっぽいです。
IMG_0899.jpg


得意の妄想中…?
みくりちゃんはすぐ妄想に浸ります。臨床心理士の資格を持っているだけあって、人の気持ちを分析したり、ものごとについて深く考えるのが好きで、そのせいで昔の彼からは「小賢しいんだよ」と言われた経験も。
IMG_0907.jpg


「まだかなあ…今夜はお鍋ですよー」
IMG_0903.jpg
旦那さん(仮)の平匡さんとは徐々に恋愛関係に発展中です。
その進み方も独特で、ドキドキします。
互いに好意を持っているのに、率直に好きだとばらしてしまうと、拒否された場合、心地よい関係を終わりにしなくてはならなくなることが怖くてなかなか伝えられないのです。
普通なら恋愛に発展して、そのまま本当の結婚をしてハッピーエンドになっちゃうと思うのですが、
海野さんの漫画だからきっとそうはならないんだろうし、みくりちゃんに好意を寄せる男性もいるし、予想がつきません。続きがとっても楽しみです。展開が早すぎるという感想もあるようですが、私はこの感じが好きです。


「働いたー!」
IMG_0913_201411131530023af.jpg


みくりちゃんは同居をはじめたばかりで、新居も購入しているわけではないので平匡さんの部屋に引っ越してきただけという状態。この部屋が仕事場ということもあって、みくりちゃんの趣味が家にほとんど表れていません。これから変化するかもですが、そんなわけで寝室には何を置いたら良いか分かりませんでした。
IMG_0916.jpg



ご訪問、拍手、コメントありがとうございます!
IMG_0921.jpg
1巻の表紙はなぜかパンダ帽子を被っている…



スポンサーサイト

キャラクターからの

2014.05.25.Sun.22:44
どうしてもこれが気になって、買ってしまいました。
ご存知の方も多いのでしょうか?
「鬼灯の冷徹」というマンガに出てくるキャラクターです。双子の座敷童子…です多分。




多分、というのは、私がこのマンガをほとんど知らないからです。
以前ブログのコメントでおすすめして頂いたことがあって、本屋で1巻の試し読みを見つけてささっと読んでみたらあんまりぴんと来なかったので、縁が無かったのだなと思っていました。

しかし1度どこかでこの双子のミニフィギュアを見つけて気になっていて、昨日またインスタで見かけ「やっぱりかわいい!どんな風に売ってるんだ?」と調べてみたところ、最近流行りのマンガ特典でした。
正直フィギュアだけでいいと思ったけど、ガチャガチャとかで人気で高値のやつとかだと送料も含めて結局いいお値段になったりすることがあるので、そのへんの本屋で手に入る特典で助かりました。


早速和室に招き入れました。せっかくなのでオーブリーもお着物で。
IMG_9474.jpg


かわいい!とてもかわいいですねやっぱり。
マンガ読んだこと無いのにキャラクターの外観がやたら好きになってしまうという体験はこれで3度目…だと思います。
ローゼンメイデン、ダンボー、そして今回。
ダンボーに関しては未だにダンボー出演のとこしか読んだことがありません。
IMG_9477.jpg

因みに下から見るとこうなっていて、完全に腰かけスタイルなので、どっかしら角に腰かけさせてあげる必要があります。
下から見ても手足がちゃんとできてるのがいい。
IMG_9480.jpg


ちょっと飽きたので和室模様替えしてみました。
羊さんが紹介されてた100均の棚を少し前に入手できたので使いました。
IMG_9481.jpg


それと手に入ってしまった14巻ですが、せっかくなので読んだところ、とても面白かったです。
1話ずつ完結してくれてるので途中からでも大丈夫だったし。


IMG_9487.jpg

要するに地獄の話で、鬼やら閻魔様やら神様やら妖怪やらが出てくるんですが、おどろどろしいのかと思いきや全く怖くなく、キャラクター設定もとぼけてて、主人公の鬼なんかとても勤勉だし、ゆるく笑わせてくれます。
合唱部が「魔王」を歌ってるのが良かったなあ。あの歌面白いですよね、おとーーさんおとうさん!初めて聴いたのは小学生の頃だったんだけど、怖いと思ったか面白いと笑ったか、肝心のとこが思い出せません。
IMG_9483.jpg


立ち読みのときは急いでいたためぶわーっと一話だけ読んだんですけど、時間をかけてゆったりと読んだほうがやはりいいですね。
すっごく面白い!!!って感じでは無いのですが、ジワ…ジワ…と来て、よし、また後でじっくり読もう、と思えます。
もう14巻まで出ちゃってますが、1巻から読みたくなってきました。
進撃の巨人のときもそうだったんですが、やっぱりちゃちゃっと立ち読みだけで作品を買うかどうか判断するのは危険ですね。
↓は同じく特典のポストカードです。
IMG_9485.jpg



でもじっくりレビューとかを読んでから買っても「失敗したー」って思うものに出会ってしまったこと山ほどあるし、書店でインスピレーションで「面白そう!」って適当に手にとってレジに向かっても外したりするし、選別もなかなか難しいです。
ベストセラーですらそうだったりするし…
IMG_9489.jpg


ミニ和室にちょうどいいかもしれないと入れてみました。
IMG_9491.jpg


それとどうでもいいですが今日は私の誕生日でした。
年々誕生日の存在感が薄くなってきます。歳取るだけだし、もういっそ消失すればいいと思わなくもないですが(死ぬという意味ではなく)娘にハッピーバースデーを歌ってもらったので良しとします。何歳まで歌ってくれるかな…

それと今朝、旦那の几帳面なおばあちゃんからわざわざ電話でおめでとうを言われました、す、すみません孫の嫁にまで…。私、孫の嫁に電話して祝えるようなおばあちゃんになれるかなあ、いや、そもそも孫できるのかなあ。いやいや、仮に出来たとしてもだ、孫の嫁見るまで長生きできないよなあ。じゃあせめて嫁におめでとうって言う?待って息子に嫁来る?世界は永遠なの?…とか訳のわからないとこまで妄想が進みました。

お祝いの言葉下さった皆さんありがとうございました^^
IMG_9493.jpg



いつも拍手・コメントありがとうございます!
IMG_9494.jpg
あんまり可愛いのでプリンを与えてみました。

進撃の巨人

2013.10.31.Thu.14:26
ちょこちょこ言ってましたが、今「進撃の巨人」にハマっています。少ししか書いてないのに、愛を抑えきれずソワソワして(笑)進撃話にコメントして下さる方がいて面白かったです。ありがとうございます。さすが進撃。

そんなわけでせっかく作った部屋をいきなり進撃な部屋にチェンジです。
立ち読み用の1巻を本屋で少し読んだ時は「よし、買わなくてだいじょうぶ!」と思ったのですがアニメを観はじめたらもう止まらない…!


ストーリーを説明しようかと思いましたが、私が語って逆に興味をなくしたらいけないのでやめときます…ほんとうに…面白いです。今11巻まで出てます。
私はアニメを最終話まで見て(漫画8巻の途中までのストーリー)8巻から買い始めるという本当にせこい買い方をしてたんですが、結局読みたくてあと3冊で揃います…
作者は私の故郷大分県出身だそうで、まさかそんなすごい人が大分から出てたなんて、誇りに思います。普段故郷にほとんど思いを馳せないくせに。大分ではダムを壁に見たててイベントも行われたとか。

ちみキャラマスコット。先日熊ブラメンバーと行ったアニメイトのガチャガチャでお目当てを出せなかった私。速攻揃えました。
第二弾も出るらしいですよー。
因みに真ん中の黒髪の男の子・エレンが主人公です。
IMG_6446.jpg

あれ「バターン!」じゃね?と気付いた人は私と同じ兵長萌えですか?
IMG_6448.jpg
お掃除兵長、ほんのちょこっとだったのに読者の心を掴んで離しませんね。


この子が超大型巨人です。可愛くデフォルメされてます。
IMG_6455.jpg

でもやっぱり兵長だな。かりあげかわいい。ストーリーはもちろん、リヴァイ兵長の存在は人気の大きな要因ですね。身長160㎝30代の三白眼男子がかつてこれほどまでにもてはやされたことがあったでしょうか。…あるのかもしれない私が知らないだけで。
IMG_6454.jpg
思わずじぶんちの息子のうしろあたまも刈り上げたい衝動に駆られます。やめとけ!

そしてそして!兵長萌えをこじらせて、とうとう作りました、禁断の抱き枕。リアルサイズは持ってません、念のため。
IMG_6449.jpg
あると思ってた綿が無くて、悩んだ結果、ダイソーで1年ほど前に買った娘のウサギから頂戴することを割と簡単に決意(!)いや、もうずっと遊んでるとこ見てないし。

他のキャラそっちのけで兵長萌えを楽しむ。
IMG_6456.jpg
アニメプリントの抱き枕って強烈なイメージがあります。こう…半裸もしくは全裸のボインな女の子の絵が載ってて、いかにもオタクな男子がこぞって買うもの、と思っていましたが今は女子にも普通に愛されているのでしょうか。よく知りませんがすんごくいい値段で売られているのだから驚きです。
でもなんだろう、好きなキャラを抱きしめられるよっていうその発想、しかし出来上がったものの安っぽさ、なぜなんだろう嫌いじゃないです…アニメキャラ抱き枕。ナディアのもいつか作ろう…
のんさんアドバイスありがとう。

縮小の仕方とかなんもわからずに適当に作った割には思ったサイズになりました。
形になってきたときニヤつきが抑えられなくて、あーオタクで良かったと思いました。
IMG_6452.jpg


いつも拍手・コメントありがとうございます。
IMG_6457.jpg
柔らかいので兵長折れます
「クソが」と言われそう

#私の真壁くん

2013.10.11.Fri.05:08
8月に発売された漫画「真壁俊の事情」、ときめき世代の皆さんは見逃せなかったのではないでしょうか。
出版社は我らが真壁くんの人気を甘く見ていたようです、発売当初は売り切れ続出。アマゾンや楽天ブックスのレビューには「予約したのに届かない」と怒りの声が大量に。今覗いてみたら未だに両方とも新刊の受け付けはしてないみたいですね。
大きめの本屋さんにはもう置いてあったけどなー。

そんなわけでランゼです。今日はときめきトゥナイトについてだらだら書きます。。
制服はだいぶ前に作ったものですが…どうにもならないヘタクソさにはどうにか目をつぶって下さい。


かくいう私は発売からかなり経ってからその存在に気付き、売り切れしてる真っ最中、印字書籍(電子書籍の反対語がよくわからない)の再販を待てず、電子書籍で読むという禁じ手に着手してしまいました…
やっぱり再販を待っていればよかったなあ。(でも待てなかった)今度見かけたら買ってしまいそうです。やっぱりせっかくの「真壁くん」はちゃんと紙の書籍として持っていたい。

makabe.jpg


真壁くんは私世代(35です)のりぼん読者にとってはかなり特別な存在なのではないでしょうか。
こんな記事もありました→「私たちが独身なのは真壁俊のせい!?」
まあそこまでは言わないとしても、理想の男の子像のハードルをぐんと上げてしまったのは間違いないかなーと思います。
かつて少女だった私、あの頃本気で真壁くんみたいな男性がいるって信じてましたからね…
いや、魔法が使えるとか、王子様だとかいう点を除いてです、さすがにそこまで夢見てませんでした。

かっこよくて、誠実で、クールで、照れ屋で、ちょっとだけ悪くてケンカが強くて、自分以外の女の子には目もくれず、何かあった時には全力で自分を守ってくれる。
しかもそんな人に初恋で出会って結婚までしちゃうっていう、甘い甘い夢を見てたような気がします。同じりぼん誌面にもたくさんのかっこいい男の子がいたはずですが、何故か真壁くん以外はほとんど覚えてないのです。(強烈に覚えているのは岡田あーみんのパパくらいです…)

そういえば真壁くんのフィギュアとかって作られてないですよね。あったら欲しいなあ。ドールじゃなくてフィギュアで欲しい。でももし作られたらまた「こんなの真壁くんじゃない!」「真壁くんを手抜きして作るなんて許せない!」という厳しい元・少女達の意見が殺到しそうだなあ。

IMG_6333.jpg
「真壁俊の事情」が発売されて真壁くんスイッチが入った人が多いからなのか、ツイッターでも面白いの見つけました。「#私の真壁くん」っていうのがあって。
例えば、「ただいま子供たちとお風呂中#私の真壁くん」なんていう風に自分の夫を自分だけの真壁くんと見たてて「#私の真壁くん」って付けるという、ただそれだけのことなんですけど。
ノロケだったりそうじゃなかったりするんですが、なんかこれが妙にハマる。
皆さんの「私の真壁くん」は、本物にはあり得ない要素が多分に含まれていて、理想と現実の違いとか、でもそんな人が本当に大切な人なんだっていうのも伝わってきたりで面白いです。で、本物の真壁くんと照らし合わせて、「うん、そんな真壁俊も見てみたい…かも…!」なんてギリギリのラインを想像するのも楽しい。ヒマかお前。

IMG_6332.jpg
「ときめきミッドナイト」も買って読んだなあ。
もしも俊とアロンの立場が逆だったらどうなるか、っていうパラレルワールドみたいなお話で、興味深かったけどトゥナイトへの思い入れが強すぎてあんまりしっくりこなかったです。でも新しくときめきを描いてくれたのはとっても嬉しかった、おまけ4コマとかあって、そこにトゥナイトの頃のランゼと俊が出てきたのはワクワクしたなあ。もう古本屋に売ってしまったけどもう一回読みたいかも。

多くの漫画家さんがそうであるように現役少女漫画家である池野恋先生もかーなり絵柄が変化してまして、ミッドナイトもトゥナイトとは印象が変わってたのがショックだったんですが、「真壁俊の事情」では意識してあの頃の絵に近づけようとされたそうで、そこまで不自然さが無くホッとしました。
でもカルロ様が結構違う…

ブライスそっちのけで文章ばっかりでしたが。
せっかくランゼなので最後に、

IMG_6331.jpg

「かじっ!」
IMG_6329.jpg



いつも拍手・コメントありがとうございます!
IMG_6330.jpg
「ちょっとだけ借りるネ」

「ネ」に時代を感じて欲しいです。
しばらく読み返して無いんですが、ランゼが変身するとランゼの方に「ら」ってこんな風に描かれてたような。





イタkiss

2013.06.19.Wed.12:10
随分ご無沙汰してました。
特別忙しかったわけでもなかったのですが写真撮る気持ちにならず、空いてしまいました。たまにドール欲ががたっと落ちます。


今日は久しぶりにおすすめ漫画…と言っても私のおすすめする漫画は王道すぎて読んでらっしゃる方がほとんどなんじゃないかと思うんですけど。単なる感想ですね。

「イタズラなkiss」私のお気に入りの漫画ベスト5に入ります。
久しぶりに読み返してみたらやっぱり面白い、これまでも何度読み返したか知れないのに。
イタkissとの出会いはいつ、どんなきっかけだったのか残念ながら全く覚えていないのですが、大学生頃古本屋で全巻揃えて、その後かさばるからと手放したのに、数年後またどうしても読みたくなって定価でこの愛蔵版を買い直すという不始末…

我が家のブライスで一番琴子っぽいのは誰か探してみたところ、ピンク髪だけどララ子(スノウフレークソナタ)かなと。同じような髪型の子は他にもいたのですが、ルネさんでもウィンターさんでもスローニームでも無い気がして。


イタkissは、主人公である高校生の琴子が、同学年のイケメンIQ200の超天才・入江直樹に入学式で一目惚れし、一大決心してラブレターを手渡したのだけど、実は彼は冷血漢で、こっぴどくフラれる場面から始まります。
もう縁が無いかと思われたのに、その後ひょんなことから入江家に住まわせてもらうことになり、ドキドキの同居生活がスタートします。琴子が氷の心を少しずつ溶かしていく様がたまりません。

とにかく笑えます、こんなに笑えるラブストーリーは後にも先にも無い気がします。もしあったら教えてほしいです。
そしてもちろん極上のラブストーリーでもあるんです!
私も入江くんに熱をあげた一人です…。私はマゾっ気は無いですが入江くんになら怒鳴られたい。
また読者はヒーローを好きになるあまりヒロインを愛せなくなりがちですが、不思議と琴子のことは応援したくなります。
絵があんまり好きじゃないなどの理由で読んでない方がいらしたら是非是非1巻だけでも読んでみて頂きたいです。

IMG_5585.jpg
いたkiss読み返してなんとなくネットで検索かけたら日本で今ドラマが新しく作られて放送されていることを知りまして観てみました。(CS放送)
むかーし佐藤藍子さんと柏原崇さんでドラマ化されたのはちょっとイメージが違いすぎて原作への思い入れが強かった私は観ることができませんでした。

今回の「イタズラなKiss~Love in TOKYO」の主演、私は初めて見る俳優さんたちばかり。琴子役には未来穂香さん、入江くんに古川雄輝さん。
柏原さんよりは入江くんのイメージに近い外見です。どうしても自分の中の入江くんや琴子とは違うなあと思ってしまうのですが、それでもこうしてイタkissが今でも愛され続けて映像化されるのは嬉しいなと思います。
ついでに台湾版のイタkissも観てしまいました。こちらはなんと2シーズンも製作されていて、ドラマでは唯一の結婚後の病院編まであるんです。
台湾版の入江くん役の俳優さんの雰囲気と力なのか、琴子片思い中の入江くんが冷血漢の設定の割に熱すぎる(甘い雰囲気)ような気もします。
あまりに甘いムードなので入江くんが琴子に冷たくするシーンがあると「そうだ!入江くんはそうでなくちゃ」と思ってしまったり。ついでに言うとキスシーンがエロすぎるのではと思われますが、これはこれで女性ホルモンわしづかみって感じでアリだと思いました。逆に今放送中の日本版は入江くんがかなり淡泊な感じで、少女マンガ世界の男性に近い気がしますがやや物足りなさも…今後に期待します。

今韓国版も観てみようかなとか思ってるところです。でもちらっと見た感じイケメンの種類が違う気がするんだよな…
まあ、どんな男が娘の彼氏でも許せない父親の心境みたいに、どんな男を入江くんだよと用意されても納得できないものなんだと思います。それでもパーフェクトな入江直樹を求めてしまいたくなりますね。
福山雅治を若くして(昔の福山雅治ではなくて、今の福山雅治を若くするのだ)みたらどうかと思うんですけどどうですかね。うーん、それでも違うか、そもそも無理だし。入江君への道は険しいです。


さて漫画の話に戻って、琴子と入江くんは本当に最高なんですが、無くてはならない存在の脇役もたくさん出てきます。
中でも一番笑わせてくれたお気に入りの脇役は入江くんママです。
入江くんはお人形で表現するのは諦めましたが、入江くんママだけはどうにかやってみたくて…

こんな感じに(汗)

「きゃー!おばさん!」
「琴子ちゃーーん!!」
IMG_5586.jpg
入江くんママと言えばやっぱりビデオカメラ&カメラなのですが、ビデオは持ってないのでカメラだけ。
彼女は息子(入江くん)と琴子のラブラブツーショット(書いてて恥ずかしい)を撮るのが趣味なのです。
なぜか琴子を気に入って、強引に交際や結婚を薦めるおばさん。
超天才・イケメンでパーフェクトな息子を持ちながら、むしろ冷血漢と罵り、決して息子に溺れたりしないおばさんかっこいい。パーフェクトでも息子には何かが足りないことを確信していて、それを埋めて幸せに導く人間が琴子だと見抜いてしまう恐ろしすぎるカン。
二人の幸せのために、そして自分の欲求を満たすために奮闘するおかしすぎる姿は読んでもらわないと説明できないんですけど。

すぐにばれるこんな感じの変装が定番でした。本人は絶対ばれないって思ってるんですけど。
IMG_5589.jpg

「ちょっとそこのアナタ!私のおすすめのシーンはね!二人がふりしきる雨の中、熱いkissを交わすあのシーンよ…!なんてロマンティックなのーー!!」


「ああーー撮りたかったわーブレンビーで撮りたかったわーー!!」
「お、おばさ…」
IMG_5588.jpg
入江くんのような男性と恋愛するのはもう無理だとしても、あんな姑になるチャンスは残されてる…?
あの嫁姑関係はありえないからこそ永遠の憧れですね…あんな関係を創作上でも描けた多田かおる先生すごい。

イタkissと言えば作者急逝のために未完であることも有名ですよね。しかもあんないいとこで終わってるっていう。どんだけショックだったか。
まだ38歳だったんですよね。
今、昔流行ってた漫画の続編とかよく出ますけど、一番読みたいのはイタkissの続きです。ハッピーエンドは間違いないんだけど(というか既にハッピーなんだけど)それでももっともっと幸せになる二人が見たかった。
叶わない夢だけど、未完だからこそいつまでも二人の未来を思っていられるのかもしれません。
うーん、でもやっぱり見たい!!


拍手・コメントありがとうございます!
IMG_5591.jpg
イタkissよ永遠に!
長文すみませんでした。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。